I Feel Just Like This     内容と関係のないトラックバックはご遠慮下さい☆


by talk_to_U
カレンダー

<   2006年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

7月29日 

今日は私の姉の誕生日なんです。
NYも快晴でめでたいわ。
そんな7月29日、いつもより少し早起きで、アメリカ自然史博物館に出掛けてみました

81Stで降りてすぐにある アメリカ自然史博物館
f0028125_12355189.jpg


こんにちは~! ちっこいですが、UKOです
f0028125_12363926.jpg


4階にある化石のフロアで REXに遭遇 
f0028125_1237563.jpg


マンモスさんもいらっしゃいます
f0028125_12473349.jpg


宇宙センターにて 
f0028125_12373740.jpg


この自然史博物館は見る場所によって料金設定が異なるのですが、私はプラネタリウム付きのにしました。プラネタリウムって言っても、ロマンチック系ではなく、ダイナミック系と申しましょうか。地球の創生の話もあり、隕石が衝突したり、その様子が大きな半球の暗闇の中で再現される映像と音響の「ゴーゴォ~」って音が、臨場感あってすごかったです。

幼い頃から宇宙の話に興味があって、NHKスペシャルとかあると結構見たりするんですが、銀河系とアンドロメダが未来に1つの銀河になるらしく、その様子をやっていました。これは見たことがなかったので、感激。銀河のダンスと呼ばれていましたが、映像がきれいでした。でもこれって一大事だよね。その頃、地球上に生物はいるのだろうか・・?
そんなことを思いながら見てるうちに、30分が、あっ!と言う間に過ぎ去りました。

上写真の右側にちょっと写っている球体の中でプラネタリウムを見たのですが、その外周は、螺旋状スロープになっていて下のフロアに到着するのですが、スタートの場所が宇宙が誕生したビッグバン、そしてスロープの終わりが現在で、到着するまでの間、宇宙の歴史が描かれているのですが、さて、人間はどこで登場したかというと・・・・下の写真
ゴールの現在の線の前に、髪の毛1本分、これが長いスロープで例えた宇宙の歴史の中での人間史なんですね。髪の毛、1本か~。そう言えば地球の誕生から現在までを24時間で例えると、人間の登場は最後の1分って聞いたことがあります。宇宙の時間から見ると人間ってちっこいですね。

f0028125_1238510.jpg


そして、セントラルパークに移動
さぁ、飛びなさい!と言わんばかりの像に止まる、まるで飛ぶ気の無いハトをよそに
f0028125_12394579.jpg


ストリートパフォーマー達のダンス しなやかです
f0028125_12401040.jpg


人だかりが、彼らのダンスにわいていました NYで見れる好きな風景のひとつです
f0028125_14405972.jpg

[PR]
by Talk_to_U | 2006-07-30 14:41 | My NY Life☆06 Summer

横断歩道

よく見て渡ろう 横断歩道
でもさ、どんなに確認したときでも、予測のつかないことは起こるじゃない
横断歩道は、人が出会い行きかう人生の縮図みたいだ
クロスした時間は偶然なのか必然なのか

f0028125_0425031.jpg


そしてたまに、これは渡らないといけない、と予感が走る事がある
そこに何があるのかは、向こう側にたどり着かないと分からないけれど
そういう時は、渡ってみよう

7月24日、その予感の道の先にいたものは・・・・
連絡先不明になっていた友人
お互い突然の再会にしばし呆然(笑
後で気付いたけれど、前回、日本に戻った日が7月25日で、きれいに3年振り

不思議なものだ

渡ってみよう、横断歩道
よく見る必要もあるけれど、
時に、予感に任せた道を渡るのも悪くはない
[PR]
by Talk_to_U | 2006-07-29 00:46 | My NY Life☆06 Summer
最近、タイトルに複合業を入れる事を覚えた私(笑 
今日のBlogは近日の模様をお届けします。

つい最近、4週過ごしたイーストビレッジからハーレムに移動してきました。
West ハーレム134Stで6日間を過ごす予定ですが、すでに2日が過ぎています。
移動って結構大変です。スーツケース1個とキャリー1個に鞄1個、これらを1度に運んでアパートの階段を登るなんて不可能。なので、2回に分けて持って行きました。
今回は日本人が住むアパートメントのルームシェアです。これもネットで直前に見つけました。
8畳位はあろうかという部屋で1泊$30 短期滞在で小部屋でこの値段だったらまぁ、いいかと思いましたが、現金をあまり持ち合わせていない為、残りの1週間は、カード決済できる別の場所に移動します。

近くの133Stの風景  この辺りの土地は丘になっています。
f0028125_1353407.jpg


そして今日、ダイアンリーヴスのフリーコンサートの前に立ち寄った公園 City Hall Park
マイナスイオン、出てますね~。
f0028125_1428373.jpg



ライブはそこからハドソンリバーに向かい歩いた所にあるWorld Financial Center にて行われました。
会場には、たくさんのお客さんです。何人ぐらいいたんだろう?定かではないですが軽く500人以上は居たと思います。
f0028125_1433614.jpg


ダイアンリーヴス、かなり素敵でした。ライブCDも持っていて、めちゃ上手い事は百も承知でしたが、生はもっと、ぐぐっと気持ちが伝わってきます。 私、とある曲を聴いて感涙しそうになりました。

最後の曲は楽器だけ残って、先に彼女が消えていくパターンだったんですが、彼女が舞台から引っ込んだら、ずらずらとお客さんが帰り始めました。しばらくすると彼女がまた出てきたんです。会場が、どっとわきました。そしてコールアンドレスポンスを繰り広げるリーヴスさん。最後にもうひと盛り上がり。アンコールにも応えてくれて、最後は至近距離の前から3列目で見れました。 音楽はヴォーカルが去ったあとも、終わるまで音楽なんだぞ☆ 
残り福、がっつりと頂き、おいしゅうございました、な夜でした。
f0028125_14364457.jpg

[PR]
by Talk_to_U | 2006-07-26 15:16 | My NY Life☆06 Summer

だいぶと前の事になりますが、7月の初旬に46st付近一角に楽器屋さんが並んでいて、ブルースハープを買いに行ってきました。
f0028125_13585884.jpg


ハープは欲しかったキーの在庫が揃っていなくて、2個だけ購入しました。そして、もうひとつ、見るのを楽しみにしていたコーナーがありまして。それは・・・・ギターです。神々しくセミアコが光っております☆

f0028125_135898.jpg


やっぱり日本よりも安いなぁ~。当たり前か(笑

あ、実は春くらいからギターを、ぽち・・・ぽち・・・と始めたんです。それまで触ってみても、こりゃ~だめだわ!って思っていた楽器でしたが、やりはじめると出来ないながらにも結構楽しい☆大阪の家には頂いたアコースティックギターがありまして、亀より遅いスピードで弾いています。そんなもんで、セミアコを買う、エレキギターを買うのは、夢みたいなもんなんですが☆でも見ていると、現実にしたくなってきますね~(笑 うっとり☆


そして次に向かったのが、アンジー・ストーンのライブ。同じくミッドタウン42ndにあるBB KINGライブハウスです。すんごい好きなアーティストって訳ではなかったんですが、試しに覗いてみたら、CDよりライブアレンジの方がいい!!生楽器でやると、70年代の影響を受けている事がもっと前に出て来たサウンドで、私好み☆ それでいて新しさも混じっていて、一挙に、来てよかった!との思いに変わりました。単純です(笑
f0028125_14291487.jpg

アンジーバンドの前に、前座バンドがありました。正直その前座バンドがあったから、アンジーバンドのなにが凄いかがクリアーになった所がありました。やる側として見た時にはちょっと複雑な気持ちになりますが・・・前座バンドも普通に見たら決して悪くはなかったので。
ちなみにお値段は約$29 日本で見ることを考えると格安です! 


f0028125_1174065.jpg
 
表に張ってあったライブスケジュール。
9月にジョージクリントン 10月にエタジェームス・・・・・・・・・・・!!!!!見たい!特にエタジェームス、新譜のカバーアルバムを試聴しましたが、年輪を感じる深い声で素晴らしかったです。この人はライブで見ておきたいアーティストの1人なんですよね。 この時期にNY旅行予定のBlues R&B Funk などの音楽好きの方、行ってきてください!そして報告お待ちしてます(笑
[PR]
by Talk_to_U | 2006-07-24 01:32 | My NY Life☆06 Summer

セントラルパーク

今日、NYは大雨でした。終日って訳ではないけれど、雷となぐりつけるような雨。
そんな事で、ちょっと気分を変えて晴れた日に行ったセントラルパークの模様をお届けします。

この日はとても暑い日だったなぁ~。でも大阪や京都に比べると湿気がましなので、さほど苦にはならないんだよな。ご機嫌にセントラルパークを歩きました。

緑とビルの景色のマッチングが、なんともNYな感じがするんです。
f0028125_13423833.jpg


ストロベリーフィールドにあるImagine
そうそう、セントラルパークにやってきた理由も、想像力を働かせて思いのことを書いてみようとやって来たのでした。 聞こえはいいですが、まぁ、ぼ~っとしに来た・・・とも言うのでしょうか・・。
この近くのベンチにはアコースティックギターを持った青年が、ビートルズソングを歌っておりました。
f0028125_13474214.jpg


アイスクリーム屋に並ぶ人たち。飲み物も売っているんですけれど、私もここでオレオアイスを買いました。 暑い日は商売繁盛でなによりですね☆ アイス屋のおっちゃん、よかったね☆
f0028125_13444214.jpg


私が1時間半ほど・・・?でしょうか、座っていたベンチにはスズメがよくやって来ます。写真は羽ばたきをし始めたスズメ 2匹の図。(見えにくいですが) NYスズメは日本スズメより、距離が近いところまでやって来ます。
日本スズメは警戒心が強いのではなく、ひょっとして、日本人同様シャイとか・・・。スズメに聞いても確かめようの無い事も想像のうちですか? なんやらかんやら、と書きとめながら、今日のわたしのイマジネーションの時間は終了。 
f0028125_13453260.jpg


そして、セントラルパーク横にある建築中の物件。3年前よりこう言った建築中の建物をたくさん目にします。マンハッタンの家賃はどこまで上がっていくんでしょうかね・・・。気になる気になる。
f0028125_1346669.jpg

[PR]
by Talk_to_U | 2006-07-22 14:57 | My NY Life☆06 Summer

NY地下鉄ライブ

NYの風景の一つと言えば地下鉄駅構内でのライブ。
私の利用時間帯(昼過ぎ~夜11時前後)で言うと、1日1回は必ず見かけるNYの風景。
聞いたところによると、この地下鉄ライブ、どの駅でパフォーマンスを行えるのかはランクによるものだそうで、人通りが多い駅ほど、やる側にとってはその権利を得る事が難しく、見る側としてはクオリティーの高いものが楽しめるそうな。 ふむふむ。でも、思わぬところで音楽を楽しめる環境があるだけで、私は嬉しいんだけれども、確かに写真に残した2人は大きな駅でのライブだったなぁ~。

 
まず、この日はバッテリーパークのフリーコンサート。
ブルースライブだったんだけれども、私的にはもう少し、パンチが欲しかった・・・。そんな事もあるよなぁ~と少し不完全燃焼で公園を後にした帰り道、
f0028125_1412743.jpg


14nd Street にてオリジナルソングの弾き語りしていた歌を聴いて「今日はいい日だった・・・☆」感を貰う。
立ち止まりしばし聞く人もいれば、立ち止まりはしないけれどもお金を投げ入れる人、彼の絵を描く人、色んな人たちが行き交う。
f0028125_1444966.jpg



そしてお次はハーレムに行った時の事。
アマチュアナイトを見に行ったが、なんと改装中・・・9月まで営業休止。 げっ!
仕方がないので、気分を変えて街をウロウロしてダウンタウンへ向かう
f0028125_14513123.jpg



CD屋にでも寄っていこうか、と42nd Street で降りると、ホイットニーヒューストンのカバーを歌うスゴイ歌声が聞こえてきたので、すぐさま音の聞こえる方に向かうと
f0028125_14545537.jpg

この人、ホントに凄かったです。カラオケ流しながら歌うんですが、鳥肌ものです。立ち止まり聞いていく人も多かった。

じ~っと聞いていると、アルグリーンのLet's stay togetherが始まり、好きな歌なので口ずさんでいたら、彼女が近寄ってきて、最後の最後にマイクを向けられ、〆の1フレーズだけ歌わせて貰いました。 
駅のナチュラルエコーはなかなかに気持ちいいですぞっ!!
次の曲が始まり、途中で、彼女が私を手招きしてくれました、がっ、あまり知らない曲だったので参加できなかったんですよね。う~ん、残念っ!

Don't be shyと観客に呼びかける彼女。観客の男の人も一緒に歌ったりして、参加型ライブで楽しい空間が広がっていました。それにしても、投げ銭してくれた人にフライヤーを渡しながらで、このスゴイ歌ですか・・・!!驚きです。おそるべしNYの地下鉄ライブ!!素晴らしすぎです。
[PR]
by Talk_to_U | 2006-07-20 15:43 | My NY Life☆06 Summer

LOVE

f0028125_2552296.jpg


       Hey taxi!, Why don't you stop at the LOVE.




美術館MOMA近くにあるLOVEの文字。その横を、ビュンビュン通り過ぎていくタクシーを見て
ふと、上のような言葉がよぎった。

もしも人生で1度だけ、タクシーの運ちゃんに「愛のあるところへ連れて行ってください」と言って連れて行って貰えるとしたら、そこはどこなんだろう?誰が居るんだろう?

通り過ぎて行く風景の中に、停まってほしい場所があったとしても、「あっ!ちょっとSTOP」とは言えずに、行過ぎた時間がどれだけ今まであったんだろうか?

側を通りながら、停まらずに、風景と化したLOVEの文字。

運ちゃん、私、愛のあるところへ・・・ってそこまで運ちゃんまかせでわがままなこと言わないからさぁ~、
あの人のところまで連れてってくんない?いっちょ、よろしく! ・・・・はぁぁ~。私、十分バカです。   
[PR]
by Talk_to_U | 2006-07-18 03:36 | My NY Life☆06 Summer

Roommateと仲間たち

今日は私が4週間泊まるイーストビレッジのとある1日の風景をお届けします。
それでは ドアを開けてお入りください☆ 

f0028125_2353586.jpg


ルームメイトは2人居ります。
まずは Read Bryan
 
f0028125_0192138.jpg
彼は絵を描きます、そして、ドラムも叩き、家ではギターも弾いています。そして、料理が上手いんだっ!トマトベースのスパゲティとワカモレの作り方を教えてもらいました。日本語を習っていた彼、たまに日本語で話します。彼の面白い癖は、冷蔵庫を訳もなく開ける事(笑  と、これを書いているまさに今、彼は冷蔵庫を開けています!! I don't wanna do that again と言う彼。からかってごめんね!!(笑
でも、わたしも時々、ネタにされています。おもしろい癖を持つ彼ですが、彼の印象は、しっかり者のReadさんです。


そしてもう1人のルームメイト Sean Ali (写真下右
f0028125_0462486.jpg

彼も音楽をやっています。パートはベースでウッドを弾いています(ダブルベース・アップライトベースとも言うようです)彼もギターを弾き、よく歌っています。そして現在、日本語を習得中。好きな作家は安部公房  ・・・私、読んだ事がありません(失笑  彼は文学青年でもあり、色々とよく知っています。そんな彼は自分の事を「文学オタク」と言ってます(笑  彼が今はまっている事は「そうそうそう」と3回言う事・・・実はこれ私の真似です

セピア色の写真を撮ったこの日は、Seanの友達が来ていました
上左)Daniel  彼はこの秋から、自分の可能性を探しにパリに留学します。絵・文学に彼は関わっていて、
この時も、似顔絵を書いていました。ゲイのDaniel。 私が彼に、恋人はいるの?って聞くと、
Maybe Paris・・・・☆とパリに夢いっぱいです。


写真下 右)Eliot  左)Bram
2人は ARose  というバンドをやっています
f0028125_1215175.jpg

Eliotは鍵盤担当 ギターを独学でこの冬から始めましたが、短期間でそれだけ弾けるのか~!と驚く位、弾けます。そして即興ソングといえばEliotというイメージを植えつけられる位、つねに歌を歌っています。
Bram ドラム担当 彼はウィスパーヴォイスで歌った時の声に雰囲気があってピッチがいいんです。思わず、パートはヴォーカル?って聞きましたもん。即興ソングで普通にEliotにハモ付けて歌う彼。ギターも弾きます。

そして4人の会話の間に繰り広げられるアドリブソングの嵐・・・・(笑 
何でもネタにして即興が始まります。この中で唯一、音楽をしていないのがDanielなんですが、アイデア豊富な人で、とある詩人の詩を載せたり、即興で私の事を歌った 日本からやってきましたYUKOです を歌ってみたり(笑  皆、エンターテイナーだねぇ~。すごい関心しながら観ていた私でした。


そして、ゲイバーで貰ったI love gay Porn のTシャツが良く似合うこの2人!!(笑
本物のゲイは左のDanielだけれども、なぜかSeanの方がゲイっぽい(笑 

f0028125_225933.jpg

DanielはSeanの事を、友人達への愛に溢れた人と言いました。私もその印象があります、おっとりした印象があるSean、私の下手な英語のよき理解者です。


ここに到着するまで、お互い音楽やってると知らなかった私達。
彼らは私が来る前、3日で嫌になって逃げ出すんじゃないか・・・と話していたようです(笑 
でも、彼らのようないいルームメイトに恵まれると、楽しく共同生活が送れるので、どんな人達と住むのか運に任せたところも含めてOK!という人であれば、私はルームメイト生活をオススメします☆

あと10数日となったルームメイト生活、そして残り半分近くまでになったNY生活、
・・・・・早いなぁ~! よ~し、ペース上げてがんばろ☆ では、皆さんまた!
 
[PR]
by Talk_to_U | 2006-07-14 02:24 | My NY Life☆06 Summer

River & Blues at Battery Park

この日はフリーチャージイベントを見に、ロウアーマンハッタンにあるBattery Parkへ


Jimmy Vivino with Felix Cabrera   後ろに自由の女神が見えます
f0028125_2114571.jpg


会場にはたくさんの人。 引いて撮ってみたバージョン 
f0028125_215668.jpg


夕暮れ時の風が気持ちいいなぁ~。
f0028125_2202347.jpg


外でのイベントだけれども、音が良かったんだよね~。公園がレンガで少し囲まれていたり、近くのビルに音が跳ね返ったりしていたこともあるんだろうけど、やっぱりPAさんの腕がいいんだよね☆ライブもいいライブやったなぁ。ロック・ファンク寄りなブルースでアレンジが面白かった。外音だから正直、期待せずに来て録音できるもの持ってこなかったけど、いかんね。持ってこななぁ~。毎週木曜日のイベントなので、次回は持っていくぞ。

しかし夕暮れがきれいだなぁ~。サマータイム20:30頃の景色 見えるのはニュージャージー
f0028125_347157.jpg


  
これ↓を撮って貰ったアフリカン・アメリカンの若者はすっごくシャイな人やったんです。
カメラを返してくれた時に「上手く撮れたかどうか・・風景をもっと入れたかったんだけど・・」と小声で自信なさげだったんだよね。写真見て気付いたのが、4倍ズームの設定でカメラを渡しちゃった事に気付きました・・・(失笑
私が「ありがとう!気に入ったよ」って言ったのを聞いて、彼は「Ah・・・」と伏目がちに言いながら、その場を逃げるかのように足早に去って行っちゃったんだよね~。カメラの設定のせいだったとは説明する暇もなく・・・。 
君のせいじゃ~ないんだよ~!ごめんよ~!!
f0028125_3511041.jpg

[PR]
by Talk_to_U | 2006-07-11 04:14 | My NY Life☆06 Summer

空のキャンバス

本屋さんの後、夜は独立記念日の花火を見に、ルームメイト達と一緒にイーストリバーへ
約30分位やっていたのかな? とてもきれいな花火で、写真にも残しておこう!と撮ってみたものの花火って撮るのが難しい!花火らしい形で写っているのは1枚だけで、他は不思議なものに出来あがり、いい風に言うと空をキャンパスに無造作に描いた風だったので、そのまま紹介してみようと思います。

では、たった1枚ある花火らしい写真から
f0028125_1337162.jpg


次はイーストリバーの横を走る道路からの写真。通行止めの道路に見物客がたくさんいます
向かって右側の道路にいるのは警官
f0028125_13375567.jpg


心なしか ♪=音符に見えません?
f0028125_13244688.jpg


ダイナミックに殴り書きでもしたかのような 花火 
f0028125_13275316.jpg


・・・タイトル付けるなら何がいいかなぁ?
f0028125_13293651.jpg



それにしても大空の花火はいいですねぇ。イーストリバーからブルックリンで上がる花火も少し見えましたよ。日本なら片手にビールと行きたいところだけど屋外飲酒はダメなんだよね。
それがちょっと残念だったかな。
みごとな花火があがった時、見物客から拍手と歓声が聞こえてくるのはアメリカ人らしい反応だと思います。そして全部の花火が打ちあがった後も、拍手と歓声に包まれ幕を閉じました。
[PR]
by Talk_to_U | 2006-07-09 00:01 | My NY Life☆06 Summer