I Feel Just Like This     内容と関係のないトラックバックはご遠慮下さい☆


by talk_to_U
カレンダー

2006年 07月 30日 ( 1 )

7月29日 

今日は私の姉の誕生日なんです。
NYも快晴でめでたいわ。
そんな7月29日、いつもより少し早起きで、アメリカ自然史博物館に出掛けてみました

81Stで降りてすぐにある アメリカ自然史博物館
f0028125_12355189.jpg


こんにちは~! ちっこいですが、UKOです
f0028125_12363926.jpg


4階にある化石のフロアで REXに遭遇 
f0028125_1237563.jpg


マンモスさんもいらっしゃいます
f0028125_12473349.jpg


宇宙センターにて 
f0028125_12373740.jpg


この自然史博物館は見る場所によって料金設定が異なるのですが、私はプラネタリウム付きのにしました。プラネタリウムって言っても、ロマンチック系ではなく、ダイナミック系と申しましょうか。地球の創生の話もあり、隕石が衝突したり、その様子が大きな半球の暗闇の中で再現される映像と音響の「ゴーゴォ~」って音が、臨場感あってすごかったです。

幼い頃から宇宙の話に興味があって、NHKスペシャルとかあると結構見たりするんですが、銀河系とアンドロメダが未来に1つの銀河になるらしく、その様子をやっていました。これは見たことがなかったので、感激。銀河のダンスと呼ばれていましたが、映像がきれいでした。でもこれって一大事だよね。その頃、地球上に生物はいるのだろうか・・?
そんなことを思いながら見てるうちに、30分が、あっ!と言う間に過ぎ去りました。

上写真の右側にちょっと写っている球体の中でプラネタリウムを見たのですが、その外周は、螺旋状スロープになっていて下のフロアに到着するのですが、スタートの場所が宇宙が誕生したビッグバン、そしてスロープの終わりが現在で、到着するまでの間、宇宙の歴史が描かれているのですが、さて、人間はどこで登場したかというと・・・・下の写真
ゴールの現在の線の前に、髪の毛1本分、これが長いスロープで例えた宇宙の歴史の中での人間史なんですね。髪の毛、1本か~。そう言えば地球の誕生から現在までを24時間で例えると、人間の登場は最後の1分って聞いたことがあります。宇宙の時間から見ると人間ってちっこいですね。

f0028125_1238510.jpg


そして、セントラルパークに移動
さぁ、飛びなさい!と言わんばかりの像に止まる、まるで飛ぶ気の無いハトをよそに
f0028125_12394579.jpg


ストリートパフォーマー達のダンス しなやかです
f0028125_12401040.jpg


人だかりが、彼らのダンスにわいていました NYで見れる好きな風景のひとつです
f0028125_14405972.jpg

[PR]
by Talk_to_U | 2006-07-30 14:41 | My NY Life☆06 Summer